体にやさしいリンパマッサージ

足首を引き締めるマッサージ


《スポンサードリンク》
足首をグルグル回す動作は、小学生の頃から体操などで行っていた、
なじみの深い動きの一つです。
この動きけっこう意味のあるものだったのです。

足の筋肉が適度に使われないと体の隅々にまで血液が行き渡らず
体の内部、あるいは脳にまで支障をきたすことがあります。

足首の筋肉を活発に動かす、足首回しを続けると、血行が良くなり
内臓や脳は活発に働くようになります。

また、足のシェイプアップにも大変効果があります。
足首の筋肉が刺激されることにより、足首がキュッと
引き締まってくるのです。

目標は、片足につき、左回りに50回、右回りに50回ですが、
慣れるまでは10〜20回ずつ、でもOKです。

無理すると筋肉疲労を起こす恐れがありますので
すこしづつ回数を増やしていきましょう。

座った状態でもいすに腰掛けた状態でもいつでもどこでも出来ますから
毎日続けてみてください。



足首を回すマッサージ

いすに座り右足を左足膝上に乗せ右足のすねを握って固定する

手の指を足の各指のまたにしっかりはめ込む

足首を右に20回、次に左に20回、回転させる。

左足も同様にマッサージ

ゆっくり大きく、ていねいに回すのがポイント。
慣れたら左右50回ずつまで回数を増やしてみましょう

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

足をきれいにするマッサージ


《スポンサードリンク》
きれいな足になるためには、夜はマッサージで足をケアしてから
休むのが理想です。

足がむくみ、筋肉に疲労物質をためたままにして休むと、翌朝になっても
これらの症状が解消されないことが多いからです。

その、疲れのたまった足で活動を開始して、ますます疲れがたまる
この悪循環では足は一年中疲れっぱなしで美しくなることなど
とても無理。体液の流れも悪くなり、足に脂肪がつく原因になります。

足の体液の循環を良くし、新陳代謝を活発にするマッサージを実行しましょう
足のマッサージで内臓や諸器官の機能も高まり、余分な水分や脂肪が落ちて、
スラリとした足になれるはずです。

床に座った状態で足首から上の方へ足をマッサージします。
毎日20〜30分、太ももやふくらはぎなど、気になるところを
重点的に行うと効果的です。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

足のむくみ リンパマッサージ


《スポンサードリンク》
足のむくみの原因には、冷えや骨格の歪み、筋肉のバランス、歩き方、
運動不足、ストレス、自律神経の乱れ、タンパク質不足・野菜やミネラルの不足、
塩分過剰摂取といった多岐に渡る要因があります。

この要因がいくつも重なって足のむくみや脚太りが引き起こされている
ことが多いです。

例えば、運動不足で、骨盤が歪み、さらに野菜を摂取していないなどの
要因が重なって、リンパ管を圧迫して足がむくんでいるというような人が多くいます。

マッサージをしっかり行いむくみを解消しましょう。

リンパマッサージ足のむくみ解消法

1. 太ももの付け根にある鼠径部リンパ節をゆっくりと手のひらで押し(10秒間程)、ゆっくり手を離す。
  
2. 鼠径部リンパ節を股の外側から内股のほうへ手のひらで、ゆっくり擦ります。
  
3. ひざの裏のリンパ節を両手の指4本でゆっくりと10秒間押し、その後ゆっくり指を離していきます。

4. 足首を両手で包み込むように握り太ももにかけて、包み込むように握り、交互にさすりあげます。
  
5. 4同様に、膝から太ももの付け根までしっかりとさすります。

3〜5回を一日朝昼晩と1セットづつ行う。
特に入浴後は必ず行い。足のむくみをその日のうちに解消しましょう。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

足マッサージ 効果


《スポンサードリンク》
足マッサージの主な効果

1.全身の血液循環を促進する。

2.リンパ液の流れを良くして、体内組織に蓄積された老廃物の
  排泄を促進する
  
3.気分を高揚させる物質(エンドルフィンなど)の血液中への
  分泌を促進する。
  
これらの効果は絶大です。しかもその効果は、短時間のうちに
実感できます。これは脳および神経系、感覚系、各種内臓器官などが、
足への刺激を敏感にキャッチし、活発に働くようになるためです。

例えば、15〜30分ほどマッサージするだけで、下肢を中心に
からだ全体がポカポカと温かくなり次第に体が軽くなって、
気分も爽快になります。マッサージの3大効果により、
筋肉の緊張はほぐれ、心身はなごみリラックスできるのです。

足マッサージは特に運動後や疲れているときなどの疲労回復に
大きな効果を発揮しまがもちろんそれだけではありません。

心地よい刺激によって、本来備わっている自然治癒力が高まり
細菌などに対する抵抗力も増大します。
つまり病気予防の効果も期待できるのです。

《スポンサードリンク》

足マッサージ:基本動作 1人で簡単にできる 


《スポンサードリンク》
足マッサージの基本動作は
「なでる」「さする」「もむ」
「たたく」「押す」「ひっぱる」「回す」の7種類


これらは、日常生活の中で誰もが容易に出来る動作です。
足マッサージの魅力の一つは、全身マッサージほど専門的な知識や
技術を必要とせず、人の力を借りずに一人で出来ると言うことでしょう

自分の手で行うのが原則で、特殊な器具を使う必要もありません

《スポンサードリンク》

足マッサージ


《スポンサードリンク》
足は心臓から送り出された血液が再び心臓に戻る、いわば折り返し
の中継点。足の血液の流れが滞ると全身の臓器器官に血液がうまく
運ばれないという事態に陥ってしまいます。

東洋医学でも足は全身の臓器器官を活性化するツボが数多く集まって
いるところとして、重視されてきました。

まさに「足は第2の心臓」。足を刺激するだけで、血液やリンパ液の
流れが促され、全身の新陳代謝が活発になって、
体が正常な状態に保たれるようになります。
全身をマッサージしたときと同じぐらいの健康効果得ることが
出来るのです。

そのため古くから行われている東洋の足つぼ療法ばかりでなく、
近年では西洋医学の立場からも足のゾーンマッサージが注目
されています。

体の調子に大きな影響力を持つ足を意識的に刺激してやりましょう。
歩くことが少なくなった現代人に忍び寄る糖尿病や脳・心血管障害
といった生活習慣病予防にもつながってくるはずです。

《スポンサードリンク》
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。