体にやさしいリンパマッサージ

高血圧予防 リンパマッサージのツボ


《スポンサードリンク》
何かとストレスの多い現代社会において、過労が原因で高血圧や、更に悪いケースでは動脈硬化にいたるケースをよく耳にします。そうならないためにも、日頃からの予防が大切です。

中高年の病気というイメージが強い高血圧ですが、最近では若い人たちの間でも良く見かける病気になっています。ストレスが主な原因であるということは間違いありませんが、高血圧者の40パーセントが遺伝によるものだとも言われています。リンパマッサージで予防しましょう。

高血圧の症状は頭重感、頭痛、肩こり、めまい、はきけ、耳鳴りなどがあげられますが、これらの症状は高血圧でない人と比べてもほとんど差がない場合が多いのです。つまり無症状なのです。そのため、脳卒中、心臓病、腎臓病などの合併症が突如として出てくるのです。高血圧の人は早めに対処しましょう。

@人迎(じんげい)・・・のどぼとけより指2本分外側のくぼみ。さわると拍動を感じるあたり
血圧を安定させます。首筋に手をおいて、一指か二指をツボにあて、首を動かしながら、やさしく抑えます。くれぐれも刺激しすぎないように。

A復溜(ふくりゅう)・・・うちくるぶしから指3本分上で、アキレス腱の前
利尿作用を促進し、冷え性を緩和します。両手で足を包み、親指を重ねてツボにあてます。息を吐きながらゆっくり押します。


     

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

心臓病


《スポンサードリンク》

日本人の死因のトップはがんですが、その次が動脈硬化が主な原因となる心疾患、いわゆる心臓病です。動脈硬化の予防として必要なのは、太らないことです。そして、喫煙を止め、高血圧、高脂血症、糖尿病に気をつけ、血液を常に“サラサラ”の状態に維持することです。女性は更年期以降にコレステロールが増えていく傾向にありますので、該当する人は更なる配慮が必要です。

心臓病とは、心臓弁膜症、心内膜炎、狭心症、心筋梗塞、心臓神経症などの病名で呼ばれるもので、心臓に栄養を補給する冠動脈が狭くなったり、詰まる、心臓自身の力が弱まる、心臓の鼓動が不規則になる、などの病気の総称です。

動脈硬化の3大危険因子として、喫煙、高血圧、高脂血症があります。また、食生活の欧米化やライフスタイルの変化によって、肥満、ストレス、糖尿病なども加わってきました。それ以外にも、動脈が年齢以上に硬くなる原因として、喫煙、過度の飲酒、塩分・油分過多の食事、慢性的寝不足、ストレスなどが挙げられます。

動脈硬化はあらゆる生活習慣と深い関係にあり、生命の危険を伴う重大な病気を引き起こします。動脈硬化の予防は中高年になってからではなく、若いうちから取り組むほうが効果的です。動脈硬化の進行そのものを遅らせるだけでなく、健康的なライフスタイルを無理なく築くことができるからです。

リンパマッサージは体内に停滞している老廃物をリンパの流れをよくすることでキレイに流し去ることを目的としています。もし、これらの老廃物が体の中を占領していくと、様々な病気を引き起こす可能性が高まります。


《スポンサードリンク》
タグ:心臓病

体にやさしいリンパマッサージ

アトピー性皮膚炎に効果的な栄養素とは


《スポンサードリンク》
アトピー性皮膚炎は遺伝的素因を含んだものなので、一般的にステロイド剤を使いますが、副作用を起こすことがあります。そこで注目されているのが「栄養療法」と呼ばれるものです。リンパマッサージで毒素を排出し、サプリメントなどで栄養素を補うこともひとつの方法でしょう。

アトピー性皮膚炎に効果があるビタミンは、ビタミンB6、ビタミンC、ビオチンで、アレルギーの症状を緩和してくれます。又、亜鉛は細胞の分裂、貯蔵されたビタミンAを利用するためのたんぱく質の合成などにも深くかかわっているため、健康な皮膚を作るためには必須の栄養素です。


リンパマッサージは体内に停滞している老廃物をリンパの流れをよくすることでキレイに流し去ることを目的としています。もし、これらの老廃物が体の中を占領していくと、様々な病気を引き起こす可能性が高まります。



《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

アトピー性皮膚炎とは


《スポンサードリンク》
アトピーはギリシャ語のatopiaを起源とする単語です。アトピー性皮膚炎とは日本皮膚科学会によると「増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」と定義されています。アトピー性皮膚炎の要因は遺伝的なものが深く関係していると考えられていますが、遺伝的な素因を持つ人すべてがアトピー性皮膚炎になるわけではありません。

食生活や、生活環境にも大きく左右されます。ダニ、ほこり、カビなどのアレルゲン(アレルギーの原因となるもの)、汗、細菌、掻くことによる刺激、あるいは精神的なストレスなども発症の大きな要因となります。

アトピー性皮膚炎には強烈な「かゆみ」が伴いますが、我慢しきれずにかき続けると二次的疾患をわずらうこともあります。今のところ根本的な治癒法はありませんが治療法が対処療法(ステロイド剤)となり、皮膚の炎症のコントロール、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬によるかゆみのコントロールなどスキンケアを中心とした生活上のケアが中心となります。しかしこれらの治療法は時間がかかるので多くの方が苦しんでいるというのが現状です。

症状の改善には、体内に慢性的に蓄積された老廃物や毒素を取り除き、体のバランスを正常に戻すことが大切です。今女性誌などをにぎわしている様々なデトックス法やリンパマッサージを症状の改善に取り入れてみることをお勧めします。


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

脳梗塞を防ぐには


《スポンサードリンク》
脳梗塞を防ぐには「血液をサラサラにして血栓を作らないこと」「悪玉コレステロールや中性脂肪を下げて血管が詰る原因をなくすこと」が重要です。簡単に言うと、生活習慣を改めることです。バランスのよい食事、無理のない適度な運動、禁酒、禁煙、ストレスをためないなどが良いと言われています。
脳梗塞の予防に重要な働きがあると注目されている栄養素は、次のとおりです。
・コレステロールの酸化を防ぐ栄養素
・脳の血流を良くする栄養素
・コレステロールや中性脂肪のバランスを整える栄養素

例)ビタミンB群、αリノレン酸、EPA、DHA、レシチン、タウリン、カリウム、ビタミンE、ビタミンC、フラボノイド、マグネシウム、カルシウム、セレン、亜鉛、イチョウ葉エキス、ビンカマイナー などなど・・・
注)脳梗塞は、睡眠中に起こることが多いので、ビタミンEなどの血流の流れをスムーズにする働きのある栄養素は、特に夕食後や寝る前に摂ることをおすすめします。

リンパマッサージは体内に停滞している老廃物をリンパの流れをよくすることでキレイに流し去ることを目的としています。もし、これらの老廃物が体の中を占領していくと、様々な病気を引き起こす可能性が高まります。




《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

冷え性予防法


《スポンサードリンク》
冷え性の原因のひとつには、温度を感じて反応する神経の機能が鈍くなってしまっていることがあるのです。夏は冷房がガンガンに利いた部屋と酷暑の外を、冬は顔が火照るほど暖かい部屋と冷たい寒さの外を出たり入ったりする生活では、身体の体温調節機能もその温度変化の落差についていけずに根を上げてしまいます。

そうした冷暖房が完備した今の暮らしの中で、内外の温度が著しく違う環境を出入りする生活を続けていることから、気温の変化を感じる身体の神経が鈍くなってしまったのです。こうした原因を取り除いて体温調節機能を再び活性化させるためには、まず自分自身のまわりでできることから始めましょう。

自宅はもちろんですが勤務先でもエアコンの温度設定など、周りにいる人々の協力を得た上で控えめに設定していくことや、内臓を冷やす原因ともなるような冷たい飲み物を好んで摂らないようにしましょう。そして、普段から汗をかく習慣を身に着けていきましょう。それと、服装にも要注意です。暑いからとか、私は冷え性ではないからといって、タンクトップやヘソ出しルック、ナマ足がきれいだからとストッキングもはかずにいると、正常な身体にもやがて知らず知らずのうちに冷え性が宿り始めることがあるのです。

リンパマッサージは体内に停滞している老廃物をリンパの流れをよくすることでキレイに流し去ることを目的としています。もし、これらの老廃物が体の中を占領していくと、様々な病気を引き起こす可能性が高まります。


《スポンサードリンク》
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。