体にやさしいリンパマッサージ

脚やせリンパマッサージ


《スポンサードリンク》
脚の太さはむくみから来ているものが多いです。
身体の最下部である脚は不要な水分が溜まりやすいということもあり、むくむのです。リンパの流れが悪くなり老廃物が蓄積している可能性が考えられるのでリンパマッサージによって不要なものを排出していくことが重要です。

脚がむくみを放置してしまうと、セルライトに変化してしまう可能性が高いので、痩せにくい足になってしまうことは知っていますでしょうか。リンパマッサージはもしセルライトになってしまった部分に対しても効果的に作用するので日々の習慣に取り入れるべきマッサージなのです。

リンパマッサージは心臓から遠い部分からゆっくり心臓の方へマッサージを行います。リンパの流れる方向へゆっくりマッサージで促していくのです。身体の間接の裏の部位にリンパ節というリンパ液が一時的に溜まる部分があります。特に膝の後ろにある部分などを多少力を加えるといいでしょう。

女性など太もも部分、特に脚の付け根部分側のほうにリンパ液が溜まりやすくかつセルライトも出来やすいので、リンパマッサージをしっかりとやりましょう。太ももなどリンパマッサージをやるのは大変ですがしっかりとやりましょう。


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパの流れを良くする


《スポンサードリンク》
リンパの流れをよくすることが健康につながります。
リンパの流れを改善するために、お風呂には毎日入りましょう。
体が温まっているとリンパの流れは良くなるのです。
湯船につかる前にマッサージをしながら体を洗って、全身のリンパの流れをあらかじめよくしておきます。
足の先から最も重要なリンパ節がある鎖骨に向かっていく順番でマッサージをしていきます。

一通り体を洗い流した後、太ももやお腹の周りなどの気になる部分をタッピングします。ぬるめのお湯(38〜40℃)で、半身浴を15〜20分し、そのあとに5〜10分首までしっかりつかって、全身を温めます。汗がたっぷり出てきたら、湯船から上がりぬるめのシャワーを浴びて終了です。

お風呂からあがったら、水分補給をしっかりしましょう。
1日1リットルの水分は摂取すると良いです。


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

冷え性に効果的マッサージ法


《スポンサードリンク》
西洋医学では冷え性を病気だとは認識していませんが、冷え性になると身体の代謝機能が低下してしまいますから内臓機能も衰えてきますし、またひどくなると低体温になってしまう可能性もあるのです。冷え性は、身体がとても危ない状態になりつつあると危険信号を発しているのですから、決して甘く考えてはいけません。冷えた腹部・足・手をもみ、さすり、体温のバランスを整えましょう。

@足裏の全体を丁寧に揉み解した後、ゆっくり息を吐きながら足の指を一本一本つまむようにしてもんでいきます。

A手のひらの真ん中に親指をあてて、息を吐きながらグーッと押します。

B次に、腕の内側を手のひらで、手首からわきの下(腋かリンパ節)までさすり、リンパの流れを良くします。

C腹部に両手を重ねて、おへそを中心に円を描くように、時計回りにさすります。

Dお尻に両手をしっかりそえて、両手を同時に動かし、ヒップラインにそって内から外へ、円を描くようにさすり上げます。


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ健康


《スポンサードリンク》
健康になるためにはリンパマッサージは有効な手段です。
美肌など美容にも効果があると謳っているのですが、やはり資本の身体が健康であることが何よりです。

リンパ菅やリンパの節にリンパ液が溜まっていると水分や老廃物が溜まります。そのため免疫効果が下がり、栄養が身体に吸収することもちゃんとできなくなります。それが不健康を及ぼし、風邪の引きやすさや倦怠感の取れない状態になるのです。

リンパマッサージは
・肩こり
・頭痛
・腰痛
・倦怠感
・自律神経失調症
・関節の痛み
・ストレスの解消
と効果があると期待されています。

日々の運動不足や不規則な生活が、リンパが溜まっている状況をつくっていしまいます。リンパ液がが滞ることによって血液の循環が悪くなり不健康になるのです。また過度なストレスや塩分の取りすぎによってもリンパの不順がうまれやすいです。トイレの回数が少ない人も改善するためにリンパマッサージを受けた方がよいでしょう。

リンパマッサージは体温上昇を促進し、血流もよくなるため冷え性も改善されます。ストレスによる不健康もリンパマッサージが解消してくれるでしょう。


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

健康効果のあるリンパマッサージ


《スポンサードリンク》
リンパマッサージは体内に停滞している老廃物をリンパの流れをよくすることで流し去ることを目的としています。

これらの老廃物が体の中を占領してしまえば、様々な病気を引き起こす可能性が高まります。このためになる病気について紹介していきましょう。私たちが口にするものの中には様々な種類の糖質つまりごはん・パン・うどん・じゃがいも・トウモロコシといった炭水化物は体の中でブドウ糖になります。

お薦めのリンパマッサージについてこのサイトではご紹介していますが、ブドウ糖をエネルギーとして利用するために必要なインスリンというホルモンが不足して、エネルギーになれないでだぶついたブドウ糖が血液の中にたくさんたまっていく病気、これが糖尿病です。

最近よく耳にするメタボリックシンドロームの空腹時血糖の基準値は110mg/dL未満です。空腹の時に血糖値が126mg/dL以上、食後の血糖値が200mg/dL以上あれば糖尿病と診断されます。当然のことながら、検査や治療をせず、生活習慣を改善しなければ、病気は確実に進行します。最後には合併症を引き起こして、取り返しのつかない事態になることが多いのです。

リンパマッサージ関していろいろ調べてみてわかってきたことがありますが、リンパマッサージをすることも治療のひとつなのです。心臓病とは、心臓弁膜症、心内膜炎、狭心症、心筋梗塞、心臓神経症などの病名で呼ばれるもので、心臓に栄養を補給する冠動脈が狭くなったり、詰まる、心臓自身の力が弱まる、心臓の鼓動が不規則になるなどの病気です。




      


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

体の毒素を排出するリンパマッサージ


《スポンサードリンク》
体の中の毒素には、PCB、ヒ素などの有害物質、水銀や鉛などの有害ミネラルなどがあります。


これらは普通に生活を送っていても、水、大気、土壌食物などから毒素が入り込んでしまうのです。アメリカでは数年前から、有害ミネラルを外に出す健康学が広まってきました。

体内にたまった毒素を汗や便、尿と一緒に体外へ出すことで、毒素によって働きが阻害されている酵素を活発化させて、新陳代謝を高めようというものです。摂取した栄養素の力を発揮させるために有害なものを排出させることです。

これらの毒素を排出する、英語でデトックス(解毒)といいます。

デトックスとリンパマッサージは非常に深い関係にあります。リンパ液は体内に蓄積されている老廃物を流しさる役割を担っていますが、これは体を動かすことで収縮される筋肉によってスムーズに体内を循環するのです。リンパマッサージとはまさに体内に溜まっている老廃物を排出させるデトックス法の一つなのです。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージを効率的に行うには


《スポンサードリンク》
マッサージをより効果的にって思うと、つい力が入ってしまったりしますけど、リンパ液は、皮膚の表面近くを流れているので、力は必要ありません。

力任せにゴシゴシやっちゃうと刺激が強すぎて、かえってむくんだり血行障害をおこしたりすることもあるので、リンパマッサージは手のひらの重みだけで、そっとなでるくらいが一番良いようです。

リンパ管には、リンパ液の逆流を防ぐために弁があって、圧力が加わると弁が開いて、からだの末端から心臓に向かって一定方向にリンパ液が流れるようになっています。

なので、リンパ液の流れと反対の方向にマッサージすると、弁が閉じたままとなって、リンパ液がスムーズに流れないので、リンパマッサージは、からだの末端から心臓に向かって、そっとやさしくなでます。

また、リンパ液は、足の付け根やわきの下などのリンパ節で合流して心臓へ運ばれるので、わきの下、太ももの付け根、頸部、鎖骨部などを先にマッサージしておくと、効果的です。
リンパ節が多く集まっている部分は、時計回りに円運動すると良いです。

●リンパマッサージは、手のひらの重みで、そっとやさしく、リンパ液の流れに逆らわず、ゆっくりとした一定の速度でするのがポイントですね!

《スポンサードリンク》
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。