体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ 便秘効果


《スポンサードリンク》
リンパ系は体内の毒素や老廃物を回収してまわる働きがありますが、最終的には回収した不要物は便や尿として体外に排泄されます。便秘などで排泄物が長時間大腸内に滞留するようになると、そこから再びいらないものが体内に吸収されてしまいますから、せっかくのリンパマッサージも無駄になってしまうことになります。幸い便秘もリンパマッサージで症状を緩和・改善することが出来ますから、便秘体質の人はぜひお試しください。


1.腰の両脇をゲンコツでトントンリズミカルに叩く。 10〜15回程度でよいでしょう。骨盤の張り出した骨のやや下、太股の付け根の関節あたりです。腕を伸ばすと自然にその位置のあたりに手が当たります。

2.おへその下のやや左側を両手の手のひらでぐっと押し込みます。5〜6回、痛みを感じない程度でなるべく強い力を入れます。やや広い「面」で圧迫する感じでやってください。

3.下腹部の両側(間にゲンコツが一個入るぐらいの間隔を開いて)に、四本の指を揃えて差し込むように体の奥に押し入れます。やや上に持ち上げる感じでおなかの力を抜いて押さえるのがコツです。これも5〜6回、ゆっくりと行ってください。

4.下腹部に両手のひらを重ねて置き、おへそを中心に時計回りに下腹部を回転するようにさすります。このとき、手は必ず時計回りに回転させてください。腸の形に沿って刺激をあたえることで腸の蠕動を促します。これも5〜6回繰り返します。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ 憂鬱な時には


《スポンサードリンク》
別に悩み事もないのに気持ちが沈んで楽しいことが考えられない。 …そういう時は脳内の酸素が不足して、感情を高めるホルモンの分泌が不十分になっているかもしれません。次のマッサージで頭の中に酸素を十分送り込んでみてあげてください。


1.頭のてっぺんを中心に両手の手のひらで頭蓋骨を包み込むようにし、そのまま後頭部までなでおろします。頭全体をなでるようにするのがポイントです。 10回程度繰り返してください。

2.こめかみの周辺を、円を描くように押さえていきます。指先でこめかみの皮膚を皮下組織ごと軽くつまむようにするのも血行を良くする効果があります。

3.あごを上げて、首の前側を手のひら全体で包むようにして上から下へなでおろします。次に、首の付け根から鎖骨に向かってリンパを流してあげあしょう。首の側面と背面は、両手を頭の後ろで組むようにしてから前下の鎖骨に向かってなでおろします。手をクロスさせて反対側の首の後ろに手をまわし、鎖骨へなでおろしていってもかまいません。ついでにその周辺の肩も同じようにしてよいのですが、あまり手を無理に伸ばして肩の裏側まで行うことはありません。その周辺のリンパは脇の下へ流し込むようにしましょう。

首は頭と胴をつなぐくびれた部分であると同時に、頭の重さを支えるために筋肉が収縮して凝りやすくなっています。頭に送り込まれたまま滞ってしまったリンパを降ろしてあげることで、頭の血行が活発になります。
      

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージでヒップアップ


《スポンサードリンク》
女性のヒップは小さければ小さいほどよいというわけではありません。適度なボリュームを残しながら、上にきゅっと引き締まっているのが理想です。また、横から見た時は太股とヒップに高さの差がある程度ついていることが望ましいのです。こういうヒップラインを作り出すための補正下着もありますが、長時間着用していると血行やリンパの流れを停滞させ、結果的に着用していないときの体型を崩してしまうことがありますから要注意です。

出来る限りこういうヒップラインはリンパマッサージを活用して、自前で整えてゆくのが理想でしょう。


1.立って上体を前に倒し、お尻の下に両手の手のひらを当てて真上にさすりあげ、骨盤をたどってウエストのほうまでリンパ液を流す動きを5〜6回繰り返す。

2.ウエストの少し下に手を置いて、下になでおろし、太股の側面をたどってお尻の両脇の下からさすり上げる動きを5〜6回繰り返す。

3.両手を腰にあて、親指でわき腹を押し込むようにしながら体を左右にゆっくりと倒す動きを左右3〜4回繰り返す

4.お尻の上部に両手をあて、指先を体の中心から外側へ流すようにさする。これを少しずつ下げてお尻全体の表面のリンパ液を流す。 3〜4回繰り返します。

5.少し体を前かがみにし、お尻を四本の指に乗せるようにすると、足の付け根の関節がわかると思います。このまま状態を起こしていくと、その周辺は筋肉のくぼみになりますから、ぐっと中へ押し上げる感じで指を差し込んでください。5〜6回繰り返します。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージでウエストを引き締める


《スポンサードリンク》
リンパマッサージでは、直接脂肪を燃焼させることは出来ません。しかし、リンパの流れを活性化することで、 「脂肪を蓄えにくく、燃焼させやすい」体質づくりには役立ちますから、他の運動やダイエットと是非組み合わせていただきたいものです。

また脂肪層は余分な組織液を蓄えやすいため、これをリンパ管に排水してしまうことで目に見えて即効性のあるサイズダウンが期待できます。


1.両足の付け根に指を当て、骨盤の外側から股間へと5〜6回ゆっくりさする。

2.立った姿勢で上体をねじって後ろを振り向き、両手のひらを重ねて背中の腰の上に当て、そこから腕だけをおへそのあたりまで持っていきます。ウエストの贅肉をおへそに寄せるイメージです。左右各5〜6回繰り返してください。

3.両手を腰にあて、その手を肋骨の下まで持ち上げてください。体を両側からはさむイメージです。ここから指四本で贅肉をおへその方向に集めるように押していきます。手の位置を三センチづつ降ろして、計3回これを行ってください。

4.両手をまっすぐ上に伸ばし、上体を横に倒してわき腹を伸ばします。勢いをつけず、体重を利用してじわっとゆっくり伸ばしてください。これ以上曲がらないというところで数秒間静止します。これを左右、5〜6回繰り返します。おなかの脂肪層のリンパ液を流す時は、指先ではなくなるべく手のひらや四本の指の腹を使って「面」で押し流すようにしてください。


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ目の疲れに


《スポンサードリンク》
細かい資料を目で追い、長時間パソコンの画面をにらみ続けることの多いデスクワークで目の疲れを訴える人が年々増えています。目の疲れは首、肩のコリを引き起こし、ひどくなると頭痛や吐き気などの症状を引き起こすこともあります。顔の筋肉がこわばってシワ・肌のたるみの原因にもなります。

目の周辺と肩・首にリンパマッサージを施すことによって、なかなか抜けにくい目の疲れを解消することが出来ます。


1.仰向けになり目を閉じて、目の上に暖かいタオルを乗せ、それが冷めるまでゆっくりと目の周辺を暖めると同時に気持ちを落ち着かせ、全身をリラックスさせます。

2.人差し指、中指、薬指をそろえ、指の腹で眼球を軽く圧迫します。目を奥に沈めるような感じです。 5〜6回繰り返してください。

3.眉の下あたりに骨のくぼみがあるはずです。そこに親指の腹をあて、奥に押し込んだあと骨を持ち上げるように上に押してください。目の疲れがひどい人は、眼球を押した時よりもこちらのほうが痛みを感じるでしょう。押したままの状態でゆっくり10数えます。

C首を横にひねり、反対の手で耳の後ろのくぼみを軽くおさえてから首筋をなでおろし、鎖骨のリンパ節にリンパ液を流します。指の腹全体を使ってゆっくりと行いましょう。

ドラッグストアなどに行くと、目の周辺を冷やすグッズを売っています。疲れた目の周辺を冷やすのは気持ちがよいものですが、疲労回復のためには、冷やすのと暖めるのを交互に行うとよいでしょう。長時間の冷却はかえってよくありません。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージでイライラ解消


《スポンサードリンク》
最近、わけもなくイライラする…。そういうときは更年期障害を疑う前に次のようなリンパマッサージを行ってください。指で触れていて、額がカチカチになっていませんか?

額を柔らかくほぐすことで、気持ちも和らいできます。次の手順でマッサージしてみてください。


1.目頭の少し下(鼻の筋と、目の下の骨のくぼみを感じられるところ)に指を当て、気持ちよく感じる程度の力を加えて押します。次に額に両手の手のひらを軽く押し当て、左右に開くようにしてから顔の輪郭に沿って耳の前のリンパ節へリンパ液を押し流すように数度軽くこすります。

2.眉のはじまりのところに指先をあて、軽く数度クルクルと回してみてください。ここが凝っているようだと、かなりあなたの顔の筋肉はこわばっています。続いて、眉のすぐ上をなぞるように指を耳の前のリンパ節まで持っていきます。このとき、ただ一方方向に指を滑らせるだけでなく、軽く左右に小刻みに揺らすようにするとなお効果的でしょう。これも数回繰り返してください。

3.両手を頭の後ろに回し、両手の指で首筋の中心部を押してみてください。左右に太い筋肉があって、その中心が少しくぼんでいるのがわかるはずです。ここを左右にぐるぐると回転させながらしばらく揉んでください。

なお、人間の頭部は薄い筋肉の膜で覆われていて、この筋肉もやはり凝ることがあります。額をほぐすと同時に頭皮もマッサージして血行をよくすることで、気分が爽快になります。



《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ お肌の改善


《スポンサードリンク》
体内に溜まった老廃物や毒素と肌は非常に密接な関係があります。

例えば便秘などで有害物質を体内に溜め込むと体臭が嫌な臭いになり強くなりますし、体内に毒素や老廃物が増えた時は何とか肌から排出しようとして余分なものを肌の直下に集めるので、その結果肌荒れやにきび、吹き出物の原因となります。もちろん肌のくすみや、張りが失われる原因にもなるのです。

リンパマッサージはそれらの余分なものを回収するリンパの働きを活性化させるものですから、肌の若返りや美肌効果が期待できるのです。


@鎖骨の上のくぼみに、四本の指をひっかけてやや押し込むように5〜6回骨を押さえます。

A耳の前のリンパ節に中指の指先を当て、そのまま顔を天井に向けて、中指を鎖骨に向けて垂直になでおろしていきます。これを5〜6回繰り返します。

B手のひらを頬に当て、手全体であごから頬にかけての肉をつまんで勢いよく離します。これは3回ほど繰り返します。

C顔を斜め45度に見上げるようにし、額から耳の前に向けて指の腹で5〜6回さすります。

D顔の角度はそのままで、鼻の付け根に指先を当て、頬骨の下をなぞるように耳の前までリンパ液を流します。 5〜6回繰り返してください。

E首を横に倒し、そのまま首の力をスッと抜いてください。頭の重さで首筋がじわっと伸びてゆくのを感じられるはずです。その状態で、反対側の手で耳の下から肩先に向かってゆっくりと指の腹でさすります。ジェルを使わないと少し肌が痛いかも知れません。

《スポンサードリンク》
タグ:肌の改善

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ 眠れないときには


《スポンサードリンク》
夜、なかなか眠れないとかベッドに入ってもなかなか寝付けないことがある方は、
リンパの流れを良くすると眠れるようになることがあります。
リンパマッサージをお試しください。

1、寝たままの姿勢で、片手を頭の上にあげます。 そして反対の手で脇の下を包み込むように五本の指でつかんでください。そして肩甲骨と肩の付け根あたりから脇の下へ、指で手前に引っ張るように脇の下へリンパを送り込みます。これはリンパマッサージの中でも例外的に、かなり力を入れて行ってもよいマッサージです。

2、ベッドの上にあぐらをかくような姿勢で座って、足の裏を合わせます。そうしたら、左右の足裏の土踏まずの部分に指を四本あてて、土踏まずからくるぶしの後ろ側を通ってアキレス腱にリンパを流すイメージで押し上げてゆきます。なお、足の裏は睡眠と密接な関係がある場所です。これはリンパマッサージではありませんが、左右の足の裏を合わせて2〜30回こすり合わせるとツボが刺激されて安眠しやすくなります。

3、鎖骨の下を、体の中心から肩の方向へ鎖骨に沿ってさすり、続いて送ったリンパ液を肩の骨沿いに脇の下へ流し込むようにしてください。溝に溜まった水をほうきで掃いて流すことがあるでしょう。あれに近いイメージで、あまり力を入れずにサッ、サッ…とさするのがポイントです。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ 効果


《スポンサードリンク》
リンパマッサージは、「むくみ」を取り、さらにお尻や太ももなどのセルライトを解消するのにとても効果的なマッサージ方法です。

そもそもリンパマッサージというのは、リンパの流れをよくする効果があり健康にも良いマッサージです。

リンパは体の中の老廃物などを体の外へ排泄させる役割があるので、リンパの流れをよくするということは、常に「キレイ」で「新しい」細胞組織をもつことができるということになります。

「アンチエイジング」や「セルライト除去」、そして「ダイエット」でリンパマッサージが使われているのは、リンパマッサージにこういった効果があるからです。

逆に、リンパの流れが悪いと体の免疫力が下がってしまうので、病気になりやすくなったり(健康面への影響)、水分がうまく排出されないんですから「むくみ」になってしまったりします


ですから、もし今むくみができて困っていたり、風邪をひきやすくなったな、とか、年かもって思っている人は、もしかしたらリンパマッサージをすることによって改善される可能性があります。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

めまい、耳鳴り


《スポンサードリンク》
めまい、耳鳴りの原因はさまざま。拝啓に高血圧、低血圧、糖尿病、
心臓病、脳障害などの病気が隠れていることも考えられますが、

とれといった病気もなくどうして起こるかわからないという場合は
血液循環の異常によるものがほとんどです。

めまいや耳鳴りを感じたときは、血行をよくする築賓、申脈などの
ツボを強めに押してみてください。

不快な症状が次第に軽くなってくるはずです。心労、ストレスによって
引き起こされる心因性のめまいや耳鳴りにも有効です。

そのほか、めまいは第4指、耳鳴りは平衡感覚と関係がある小指をよくもみほぐすだけでも
症状がかなり緩和されます。


■築賓 マッサージ

親指の腹を立てて、指先を回すようにして強く押します
揮発の変化で耳がツーンとするときもお試しください。

chiku.gif

■曲泉 マッサージ

3秒間×4〜5回押す

めまい、耳鳴り症状改善の場合は、ふつう強く押しますが
ここは敏感なので、やや弱めに押します。

kyoku.gif



《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

記憶力の衰え 記憶力改善


《スポンサードリンク》

人の名前が中々覚えられない物忘れが激しいというのは、
脳の老化によって、その働きが鈍ってきた証拠です。

あたまをどんどん使うようにして、同時に足の裏を刺激して、
脳に、活をいれましょう。

土踏まずのやや上にある湧泉は、元気を回復するためのツボ。

ここに指を置き、継続圧迫を繰り返すと、全身に活力がつくばかりでなく
脳も元気になり、記憶力の衰えをはじめとする脳の老化のスピードを
ゆるめることが出来ます。

また、脳の活性化には、不飽和脂肪酸のDHAやEPAが有効です。
これらを多く含む魚料理を積極的に食べるように心がけましょう。

アラキドン酸 記憶力改善

湧泉マッサージ

yusen.gif

1分間×3〜5回押す
親指の腹を当てて押します。
強い刺激を与えたいときは、
両手の親指を重ねて押します。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

白髪 改善


《スポンサードリンク》
白髪の原因の一つとして、血液の循環が悪く、毛根部に十分な
栄養が運ばれていないことが考えられます。

また、腎臓も頭髪の健康の鍵を握っています。

血行を促す足のツボ、八風、腎臓の起点に当たる足のツボ、湧泉を刺激して
白髪の悩みを解消しましょう。

頭髪はホルモン、湧泉はストレスのツボとしても知られています。

なお、白髪対策としては、栄養バランスのとれた食事を取ることも大切です。
美しい黒髪を保つ食品として、ゴマ、くるみなどが効果的です。


足のツボ 八風



それぞれ4カ所30秒間こする
人差し指の腹を使い、足の指と指の間を
痛みを感じない程度の弱い力でやさしく
ソフトにこすります。


足のツボ 湧泉



両手親指を湧泉に当てて3秒間×5回
強い力でギューと押す

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

肩のコリにリンパマッサージ


《スポンサードリンク》
肩こりで悩むひとはたくさんいらっしゃると思います。
肩こりの原因は筋肉や神経など様々ですが、常に肩が重い状態ではストレスも溜まってしまいます。
リンパマッサージは肩凝りという日々の煩わしさの解消にも効果があります。

疲労回復は明日への大切なエネルギーの鍵を握っています。方法は簡単です。

まず首の付け根から肩へさすり撫でてみましょう。そして肩から鎖骨に流し込むように指を動かすだけで、肩の部分のリンパ液はスムーズに流れ始めます。

肩揉みの上手な人は、強い力を使って闇雲に揉むようなことはしません。ツボを心得ているのです。ただ力任せに揉んでもリンパの流れは滞ったままで、老廃物や毒素は排出されません。また、揉み方によっては更に症状が悪化する場合もあります。

首の付け根は様々な神経が頭部に繋がる大事な場所ですから、肩をマッサージする際にも、優しく行いましょう。

そもそもコリというのは、周辺の血行が悪くなることで起こります。血行が悪くなると乳酸といった疲労物質が筋肉内に蓄積し、酸性濃度が高まることによって筋肉が次第に硬化し、コリとなって出てくるのです。

運動をしても乳酸が溜まって筋肉痛を引き起こしますが、この場合は運動によって血流が良くなっているのですぐに乳酸は流されていきます。

一方肩のコリは身体を動かさずに長時間同じ姿勢をとってしまった時など、筋肉へ部分的に負担がかかって疲労物質が生まれた状態ですので、運動時どころか普段よりも血行は悪くなっています。

また、コリにはストレスも原因として考えられます。激しいストレスを感じると、緊張した血管は収縮し、血液の流れは滞ってしまいます。

いずれにしてもコリを解消するのには血行を良くすることが重要です。リンパマッサージはまさに血流を正常に戻して本来の機能を働かせるためのマッサージですから、肩凝りに効果があるのもご納得いただけると思います。

そして肩のリンパマッサージを行う際には、肩が凝っているからといって、その部分だけを重点的に押すのではなく、全体の流れを意識してください。

肩の近くのリンパ節を確認しながら、肩全体の流れ、また肩から全身にリンパが流れるように意識することが重要です。身体全体に滞りなくリンパが流れれば、効果はより高いものになるでしょう。

《スポンサードリンク》
タグ:肩こり

体にやさしいリンパマッサージ

足のむくみ


《スポンサードリンク》
リンパマッサージの目的は、リンパがスムーズに流れるのを助け、水分や老廃物を排泄するのを助けることです。

足のむくみは、リンパの流れが滞りリンパの浄化作用がスムーズに働かないと、余分な水分や老廃物がたまりやすくなりおこります。

リンパの流れがよくなると代謝がよくなり、太りにくい体質に改善されるという効果が期待できます。

リンパマッサージはリンパの流れに沿い、心臓から遠いほうから各リンパへ行います。リンパマッサージは、あまり力を入れすぎては良くないと考えられており、さするようにします。足のむくみ解消法としてお風呂の中や風呂あがり時など、血行の良いときは効果があがりますが食後すぐや飲酒後、体調の悪いときは、リンパマッサージは避けるべきです。

リンパが滞る原因として、汗をかかない、冷え性、トイレが少ない、塩分を取りすぎる食事、加齢、ストレス、運動不測など、さまざまなことがリンパに影響してきます。リンパがスムーズに流れていれば水分や老廃物などが溜まることはあまりなく、リンパの流れが悪くなれば余分な水分や老廃物は細胞内に溜まってしまいいわゆる「むくみ」となって体に現れてきてしまいますのでリンパマッサージは、正しく理解し習慣になるよう努力してみましょう。

またマッサージの後、排泄を促すための利尿効果を高めるため、1日約2リットル程の水を飲むことでさらに排泄力があがり効果的だといわれています。足のむくみ解消法で足のむくみを取りのぞき、美脚だけではなく健康的なカラダも手に入れましょう。



《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

記憶力の衰え


《スポンサードリンク》
人の名前がなかなか覚えられない、物忘れが激しいというのは、
脳老化によって、その働きが鈍ってきた証拠です。

頭をどんどん使うようにし、同時に足の裏を刺激して、
脳に活を入れましょう。

土踏まずのやや上にある湧泉は、元気を回復するためのツボ
ここに指を置き、持続圧迫を繰り返すと、全身に活力がつく
ばかりでなく、脳も元気になり、記憶力の衰えをはじめとする
脳の老化のスピードを緩めることが出来ます。

また、脳の活性化には、不飽和脂肪酸のDHAやEPAが有効です。
これらを多く含む、魚料理を積極的に食べるように心がけましょう。

特に記憶力改善にはアラキドン酸が有効であると言われています。


      

    


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

お風呂でフットケア


《スポンサードリンク》
一日酷使した足は、体のどの部分よりも疲れています。
就寝前のバスタイムにフットケアを組み入れましょう。

まず、シャワーを使うときは、心臓から一番遠い足下から順に
お湯を下から上へとゆっくりと当てていくようにします。

シャワーの水圧で筋肉がほぐれ、これだけでも足の疲れが軽く
なります。
次に、足の汚れを落とし、ボディーブラシやボディースポンジに
石鹸をつけて、足の指の間、足の裏を丹念に洗います。
そのあと、爪ブラシや使い古しの歯ブラシで、爪の間を洗います。

そして、入浴は温めのお湯にゆっくりとつかると、筋肉の緊張が
ほぐれ、毛細血管の血行が促され、足に溜まった疲れやむくみが
引いていきます。

体を洗い髪を洗い、充分に温まったら、水シャワーで最後の仕上げ
毛細血管がキュッと引き締まって、血行がいっそう良くなります。
足を細くする効果も期待できます。

入浴後は、マッサージで足をシェイプアップ。お風呂のお湯で筋肉が
リラックスしているうちに行いましょう。

手のひらでふくらはぎや太ももの筋肉に沿って軽く押し上げ、
続けて骨に沿って指を当てて一点一点を押すような要領で
刺激します。
必ず下から上に向かってもみ上げることが大切です。



《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

お風呂でツボ刺激


《スポンサードリンク》
ツボ刺激も、体を温めて筋肉をゆるめてから行うと、効果がUPします。
リラックスできるバスタイムを使って、一日の疲れはその日のうちに
解消しましょう。

お風呂でのツボ刺激も、通常の刺激と同様、気になるツボを親指の
腹で圧迫したり、こねたりします。

また、市販のお風呂用ツボ押しグッズを活用しても良いでしょう。

たとえば、吸盤付きのツボ押し器、吸盤で浴槽に貼り付け、表面の
イボイボに足の裏を押し当てます。
お湯にのんびりつかりながら楽しんでいるうちに、からだが生き生き
としてくるはずです。



   

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

足裏刺激法


《スポンサードリンク》
足の裏には、体の新陳代謝を促す反射帯が集まっています。
足の裏を刺激すると、何となくだるい、体が冷える、体調が優れない
という状態が改善されるのは、そのためです。

足の裏の刺激で脳細胞が活発に反応し、アルファ波も出やすくなるため
不安感やストレスが取り除かれリラックスした気持ちにさせてくれます。

足の裏を刺激するときは、足全体を温めてから行うのが基本です。
そこで、お風呂の中でまず体を温め、湯船につかったまま行うことを
おすすめします。

バスタイムを利用して、足をもんだり引っ張ったり、さすったり、
押したり、たたいたりしてみましょう。

足の裏の上部から中心部、下部へと順番にもんでいきます。
もむほかに、足の裏をげんこつでたたいたり、指で引っ張ったり
するのも効果があります。

温めのお湯に下半身だけつけてじっくり足の裏をもんでいると、
血行が促進されて、足を中心に体全体が軽くなった感じがする
はずです。

ただし、マッサージに夢中になって、のぼせないように
注意してください。また、血圧の高い人、貧血気味の人、
年配の人は、湯船から上がってからか、入浴後に
マッサージする方が安心かもしれません。
慣れないうちは短めの時間で切り上げましょう。



《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

お風呂でリンパマッサージ(半身浴)


《スポンサードリンク》
お風呂に入ると、体温が上がり、血液やリンパの流れがスムーズに
なります。リンパマッサージなども、お風呂で体を温めてから
行うのが効果的といえます。

もちろん一日の疲れを癒し、心身をリフレッシュするためにも、
お風呂は欠かせません。
その入浴効果をUPさせるためにも、毎日続けたいのが半身浴。
37〜40Cの温めのお湯に、みぞおちくらいまでつかる入浴法です

この方法は体を芯から温めて新陳代謝を活発にしてくれる
ばかりでなく、心臓に負担をかけないといったメリットもあります

薬局で硫酸マグネシュウムを購入し、これを大さじ3杯ほどお湯に
入れるとさらに体の奥にまで熱刺激が浸透します。

額や鼻の頭に少し汗をかくくらいまでつかるのが良いのですが
慣れるまでは自分の体力にあわせて、早めに切り上げてもかまいません

お湯から出ている上半身が寒く感じる場合は、肩にタオルなどを
掛けると良いでしょう。


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

脂肪を除いてキュートなおしり


《スポンサードリンク》
おしりは、意外に不要物質がたまりやすいところです。
ポタッとした締まりのない「大じり」
サイズは小さくても股下を短く見せてしまう「垂れじり」は
脂肪と老廃物が原因になっていることが少なくありません
逆に言えば、脂肪と老廃物を取り除けば、キュッと引き締まった
かわいいおしりになるわけです。

リンパマッサージでリンパ液の流れを促し、おしりの内側に付いた
余分なものをどんどん体外へ流し出してしまいましょう。

おしりのリンパ管は、背中の中心線から左右に分かれて、
それぞれ上に向かっています。マッサージも、その流れに
逆らわないように行うことが大切です。

両手のひらを広くおしりに当てて、引き上げたり、
円を描きながらさすり上げたりしましょう。

面積の広い部分ですから、場所を変えて、おしり全体を
まんべんなくマッサージするようにしてください。

最近はパソコンの普及により、目の酷使から来る腰痛、
前屈みの姿勢による腰の疲労を訴える人が増えていますが
おしりの側面まで丁寧にケアすれば、リンパ液の流れに
伴って疲労物質も順調に流れるようになり、
このような悩みも解決されます。

下半身のシェイプアップは、仰向けになって、空で自転車こぎを
するのも良い方法です。
たまったリンパ液が、重力で効果的に上半身に流れます。


《スポンサードリンク》
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。