体にやさしいリンパマッサージ

リンパの腫れにはリンパマッサージ


《スポンサードリンク》
リンパは、体の健康に重要な役割を果たしています。リンパの流れが悪ければ様々な病気やむくみやしわなど、体に悪影響を及ぼします。

リンパが腫れるのはウイルスと戦っているということですが、まずは健康を保つためにリンパをマッサージすることで健康が増進し、ウイルスにも強くなり、リンパの腫れとは無縁の体になることでしょう。

リンパのマッサージはリンパ節に溜まった老廃物を流す必要があるため、マッサージはリンパ節に向かって行います。注意すべきは圧力をかけすぎないことです。

リンパは皮膚に近いところにあるので、優しくマッサージしてください。さらにリンパマッサージを効果的に行うには、リラックスすること。

入浴後はリラックスしており、筋肉もほぐれているのでリンパマッサージに効果的と言えます。リンパマッサージは血行がよくなりますが、血行が良くなって困るような体調不良の場合、病気、飲酒後などは注意が必要です。



《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ 健康効果


《スポンサードリンク》
リンパマッサージを行うことにより、美肌や美容に高い効果が期待できます。他に健康分野においても、様々な効果が期待できるマッサージといえます。
リンパが滞る理由として、運動不足や不規則な日常生活が考えられます。そこから血液の循環が悪くなり、いろいろな健康障害を引き起こしてしまうのです。

その他にもストレスによって、リンパが流れにくくなってしまいます。食生活では塩分を多く人や汗をかかずトイレに行く回数が少ない人などは、リンパが滞っている可能性があるのでリンパマッサージを行った方が良いでしょう。

リンパが滞ると老廃物や水分が溜まり、免疫機能が低下してしまいます。
そして栄養素の取り組みも、きちんと行われなくなってしまうのです。
そこから風邪を引きやすくなったり倦怠感が取れなかったりと、様々な健康障害が起こりやすくなったりと言うことが起こってきてしまうのです。

そしてストレスの解消にも効くと言われているのですよっ!
そしてリンパマッサージを行うと体温が上昇するので血流の流れも良くなり、冷え性などの改善も行えるのです。
リンパマッサージはストレスによる健康障害に対して効果的になっているので、自分で簡単に行えるマッサージを覚えると良いと思います。

リンパマッサージは肩こりや頭痛、腰痛や倦怠感、自律神経失調症、関節の痛みなどに効果があります。

美容部分だけではなく健康においても効果が高くなっているリンパマッサージは、お風呂上がりに毎日行えば健康と美容の両方を得ることが出来るのです。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージを始めましょう


《スポンサードリンク》
リンパをマッサージしてあげて、体内に滞っているリンバ液を
流してあげる事は、美容や健康にとても効果があります。

リンパマッサージによって、体の中に溜まった老廃物が排除されると、顔の輪郭がスッキリしたり、体のたるみが解消される効果が期待できます。
他にも、バストアップやヒップアップ、頬のたるみ解消などの色々な美容効果があるためか、女性に人気があり、リンパマッサージを行なうことで代謝活動が活発になり、ダイエットにも良い効果が生まれます。

このリンパマッサージを毎日行うことでむくみが解消され、
溜まっていた老廃物を取り除くことが可能になり、ダイエットや
美肌作りとても有効なため、リンパマッサージは女性に人気となっています。
逆に、リンパの流れが滞ってしまうと、老廃物が体内に蓄積し
むくみやセルライト、血行不良などの症状が出てしまいます。
 ですから、リンパマッサージを毎日行うことは、美容にいいだけでなく
冷え性や肩こりなど多くの女性が悩む症状も改善されていくのです。

また、リンパマッサージを行う際は体調が良い時を選び、熱がある時などには行わないようにし、食後すぐやお酒を飲んだと気なども控えるようにしてください。
そして何より大事なのは、マッサージはリンパの流れに逆らわず、あまり力を入れずに行うこと。
効果を早く上げようと力を入れすぎると、逆に血行障害を起こしてしまい、むくみが酷くなる可能性もあります。
リンパマッサージは入浴後などに、ゆっくり一定のリズムで1カ所を、10回程度、優しくさするようにマッサージすることが1番効果あがりますので注意しましょう。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ 眼精疲労


《スポンサードリンク》
眼精疲労に効くリンパマッサージ方法は
両手のひらで首の後ろから肩までさするようにします。

次に耳の後ろを指の腹でゆっくりと押します。
そうすると、身体少しポカポカしてきますので
こめかみのあたりを手のひらでゆっくり押し、ゆっくり離します。

最後に目のまわりを4本の指で外側へ円を描くように
目尻からリンパマッサージをします。

その際、リンパマッサージ専用ジェルなどをお使い下さい。
より効果的にリラックスできますよ。

眼精疲労はパソコンに向かう仕事などしている人にとって
日常茶飯事ですが、首や肩こりにも影響しますので

ほっておかずに時間があいた時などリンパマッサージをして下さい。
まぶたの重さが消え、くっきりとした顔だちになりますよ。



《スポンサードリンク》
タグ:眼精疲労

体にやさしいリンパマッサージ

肩こり解消マッサージ


《スポンサードリンク》
マッサージは、肩こりの解消法として、最もよく使われている方法です。
手早く血行不良を改善でき、なんといっても気持ちいいという実感が大きい
ですよね。肩たたきなどもマッサージのひとつです。そして、せっかくする
なら、ちょっとしたコツを覚えて効果的なマッサージをしていきましょう。

マッサージの方法には、さする、押す、もむ、たたくなどがあり、
いずれも緊張している筋肉をほぐし、血行の改善を促します。
血液の循環がよくなりますので、コリや痛みのもとになっている
老廃物を押し流してくれるのです。
マッサージのポイントは、強く刺激しすぎないこと。痛いと感じる
ほどの力ですると、筋肉に小さな傷をつけてしまうことがあります。
気持ちがいいと感じるくらいの強さで行うといいでしょう。
また、肩だけを刺激するのではなく、からだの末端から心臓にむかって
マッサージしていくこと効果的ですね。腕や首、背中などもていねいに
ほぐすといいのです。


《スポンサードリンク》
タグ:肩こり解消

体にやさしいリンパマッサージ

リンパ液が滞ると


《スポンサードリンク》
リンパ液が体内を循環する速度は、1分間でわずか30センチ程度という非常にゆっくりしたものです。血液は約1分間で全身を一周してきますから、その差はすごいものですね。

さて、リンパ液は人間が体を動かすとき、その筋肉の収縮などによってリンパ管が圧迫され、それをポンプ代わりの動力にして循環します。(逆流しないように弁がいたるところにあります)したがって、運動不足の人はどうしてもリンパの循環が滞りがちになるのです。

リンパの流れが滞ると、リンパ液が流れずに溜まった部分がむくんできます。立ち仕事の人や、一日中椅子に向かって仕事をしている人がむくみがちになるのはそのためです。同じ姿勢を長時間変えずにいることがよくないので、時々休憩をはさんで屈伸運動や体操をしたり、散歩の習慣を持つなどの工夫が必要となります。

また、冷え性もリンパと密接な関係があります。冷え性の人はリンパ液が滞りやすく、リンパ液が滞ると冷え性になるという悪循環に陥りやすいので対策が必要でしょう。

冷え性の原因のひとつは、体温調節機能の衰えにあります。人間は体温が下がると毛細血管が縮んで体温の流出を避けようとしますが、いつまでも毛細血管に送られる血の量が元に戻らないと、手足が冷え切ったままになります。体温調節機能もひとつの体の防衛反応ですから、これを活性化するためにリンパの循環は不可欠なのです。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパ液とリンパマッサージ


《スポンサードリンク》
リンパ液の流れは、日常的に運動をする習慣がある人とない人とでは随分違います。また、「運動はしていないけれどたくさん働いている」という人もいますが、同じ体を駆使するにしても、労働によって動く体の部分は部分的であったり、一部にだけ負担をかけたり、同じような動きの反復であったりしがち。やはり運動と労働は分けて考えたほうがよいようです。

リンパ液は全身の老廃物や毒素を回収してまわりますから流れが滞るとリンパ液もまたよどみます。リンパ液は全身を循環してリンパ節に戻ったときに浄化され、また体内をキレイを保つ能力を取り戻すわけですから、適度な運動をして活発にリンパ液を循環させることが健康と若々しさ、美しさのヒケツになるというわけです。

もちろんリンパ本来の役割である免疫機能も向上し、風邪を引きにくくしたりガンになりにくい体質を保てるようになります。さて、リンパ液を活発に循環させるには、適度な運動の他に適切な入浴方法などによる血行の促進、そしてリンパマッサージなどが有効です。

リンパマッサージはエステなどでプロの手によって行われるのが一番有効で快適ですが、毎日行うわけにはいきません。そこで、自分で毎日手軽に行えるリンパマッサージを習慣づけることをお薦めします。ちょっとしたコツを覚えれば、リンパマッサージはそんなに難しいものではありません。


《スポンサードリンク》
タグ:リンパ液

体にやさしいリンパマッサージ

リンパ液の循環について


《スポンサードリンク》
リンパ液と血液は、運命の異なった双子の兄弟のようなものです。リンパ液は、もともと血管からわずかずつ滲み出した血漿です。血液は心臓という強力なポンプで全身を循環していますが、リンパ液はポンプではなく、筋肉の収縮などの力でゆっくりと全身を巡っていきます。

半月弁という逆流防止の弁があるので、人が体を動かしているうちに少しずつ送られていくのです。この弁は体内のいろんなところにあって、弁の中にリンパ液が流れ込むとリンパ管が膨らみ、何かの力が加わるとその次の弁を通ってリンパ管を進むわけです。このようにリレー方式でゆっくり全身を巡ってゆくのですね。

リンパ液はこうして全身を巡りながら老廃物などを取り込み、それを取り除いてくれるリンパ節に向かいます。リンパマッサージはこのリンパ液の循環を補助し、円滑にするために行うものですから、全身をどのようにリンパ管が巡り、リンパ液はどのように流れているのかを知って、それに沿った形でマッサージしてあげなくてはなりません。

リンパ節は体中にありますが、主なリンパ節は脇の下、膝の後ろ、太股の付け根、おなかなどにあります。そこに向かってリンパ液を押し流してゆくようにマッサージしてゆくわけですが、あくまでもこれは原則で、実際のマッサージにはいろんなコツがあります。

まずリンパについていろいろ知ってから、自分なりのイメージを持ってマッサージにとりかかるとよいでしょう。

《スポンサードリンク》
タグ:リンパ液

体にやさしいリンパマッサージ

足のシェイプアップ


《スポンサードリンク》
足のラインをすっきりと美しく保つためには、足に疲れをためないようにすることが
まず大切です。
ヒールの高い靴を履いて歩いたり、オフィスで長時間デスクワークをしたりすると
本人が自覚する以上に足は疲れるものです。
疲労で足に痛みが出ると、不自然な力が加わり歩き方が悪くなるばかりか、
足の形までも悪くなります。

どこでも気軽にできる足のエクササイズで日常的にかかる足への負担をできるだけ
軽くしましょう。

仕事の合間や乗り物の待ち時間などを利用して、足首を動かすエクササイズを
実行してください。疲れがやわらぎ、足が細くなる効果もあります。

■エクササイズその1

まっすぐに立ってかかとの上げ下げを20回くらい行います。
背伸びしたように体も上下します。
靴を脱いで行うといっそう効果的です。

■エクササイズその2

いすに腰掛け、座面のわきを握ります
足を水平に伸ばして、つま先を体の方に曲げたり伸ばしたりします
その時に足の指を開きながら行うと、足の血液循環がよくなります


以上お試しください。

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ 足浴


《スポンサードリンク》
足をお湯に浸す足浴だけでも、体液の対流が起こり、全身の入浴と同じくらいの効果が得られます。暖かい部屋で行いましょう。

足浴の方法の一つ「交互温冷浴」では、大きめのバケツか洗面器を
2つ用意し、1つに水、もう一つに40C前後のお湯をはります。
膝までつかる程度がベストですが、くるぶしの上までつかっていれば
問題ありません。

先に見ずに1分ほど両足を浸し、次にお湯に20分浸します。
これを繰り返し最後には水で終わります。
むくみや疲れがとれすっきりします。

冷え性の人には、37〜39Cのぬるま湯に硫酸マグネシュウム
大さじ4杯か粉からし小さじ2杯を溶かし込みます。

これに両足を浸す方法もおすすめします。
この場合でも、足首まできちんとお湯につかっていることが
大切です。

15〜20分も浸しているとポカポカと温まってきます。
使った後は、水で洗ったりせず、タオルで水気を拭き取るだけに
します。いずれの場合も、差し湯をしてお湯の温度を保たせて
ください。


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージと代謝


《スポンサードリンク》
リンパマッサージの目的は体の中を流れているリンパがスムーズに流れるようにし代謝を良くすることです。

生体内の化学反応で、体外から取り入れた物質を用いて新たな物質を合成したり、それにともなってエネルギーの出入りを行ったりすることを代謝といいます。

小さい子供は大人が寒いと感じるような日でも半袖で外を走り回っていたりします。なぜでしょうか。そのキーワードが「代謝」です。現代人は運動不足などが原因となり代謝が落ちています。血液の循環が悪くなり、リンパの流れも渋りがちです。流れるべきものが流れないのでせっかく栄養をとっても全身へと行き届かないのです。その結果、肌のハリがおちたり、肩こり、むくみなどの問題に直面するのです。

このような状態でダイエットをしても効果は上がりません。リンパマッサージやデトックスを積極的に行うことで代謝アップを計り、美容と健康につなげましょう!

    

《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパが滞る原因は


《スポンサードリンク》
<ストレス>
ストレスが続くと、副腎からステロイドホルモンが分泌します。これは精神的な緊張をやわらげてくれる効果があるのですが、その一方で免疫力の担い手であるリンパ球の活動を低下させる副作用もあります。

<運動不足>
筋肉を動かすことで、血液やリンパ液が流れます。運動をしないとリンパ管に圧がかかることがないので、リンパ液が滞ってしまいます。普段、座ってばかりで、足がむくむという方も多いと思いますが、そんなときは、足首をくりくりと回してみるだけでもリンパが流れるので、むくみが楽になると思います。

<冷え性>
体温の低下は血の巡りを悪化させると同時に、リンパの流れにも影響を与えてしまいます。

<汗をかかない>
汗や尿が出ないということは体の老廃物が排出されていないということですから、当然リンパも滞っている状態になります。



《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパ管について


《スポンサードリンク》

私たちの身体の静脈に沿っている網目状の管のことで、このリンパ管は身体中に張り巡らされており、体内の不要な老廃物を運ぶ下水管のような役目をしています。

 このリンパ管によって運ばれる体液成分を「リンパ」と呼び、主に体液の循環・運搬と免疫を担当しています。

 リンパ管には、、からだの表面や細胞の隙間を走る「表在リンパ管」と、からだの深いところを走る「深部リンパ管」があり、この連携によりからだの水分が均衝に保たれています。

 「表在リンパ管」は、皮膚、皮下にある浅層のリンパ管のことで、皮膚や各組織などの細胞の隙間に、木の根のように次第に集まって大きくなり、末梢からリンパ液を集めて、くび(頚部)や脇のした(腋窩)、脚のつけ根(鼠径部)などのリンパ節に運びます。


 リンパ管は、自ら管壁を収縮させてリンパ液を流す自動運搬機能を持っています。その働きは、1分間におおよそ10回程度というとてもゆるやかです。
また、その管の中の弁の働きによって逆流が防止され、次から次へとリンパ液が運ばれます。その上、動脈と同様に、動脈の拍動のリズム、呼吸や消化運動、筋肉の縮小および、関節運動、皮膚への刺激(マッサージ)など管壁が受ける外側からの圧作用によって流れが促進されるという特徴があります。
これらの刺激を受けることで、自動運搬機能は、通常の約10〜20倍まで活性化されることがわかっています。
例:深呼吸・マッサージ・運動など


《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパ節とは


《スポンサードリンク》
リンパ節について解説します。

リンパ節(リンパせつ)は哺乳類の免疫器官のひとつ。
全身から組織液を回収して静脈に戻すリンパ管系の途中に位置し、
組織内に進入、あるいは生じた非自己異物が血管系に入り込んで
全身に循環してしまう前にチェックし、免疫応答を発動して食い
止める関所のような機能を持つ。
卵形(または腎臓形)をした1-25mmの大きさの被膜に包まれた
小体で、周囲から多くのリンパ管が入り、一部の凹んだリンパ門から
リンパ管が出る構造をしている。



《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

皮膚の働き


《スポンサードリンク》
皮膚の働きについて解説します。

私たちの身体の皮膚には、健康に生きるためにさまざまな機能が備わっています。
外界からの刺激を敏感にキャッチしたり、寒い時には、体温が逃げないように血管を収縮させ、筋肉のエネルギーを熱に変えてから、からだをあたためてくれます。
 
 また、暑いときには、体内の熱を放出するため、血管を拡張させて汗の量を増やします。
新陳代謝にかかせない栄養分の供給と老廃物の排出も行い、皮膚はいつも黙々と働いてくれています。

 わたしたちのからだの表面をおおっている皮膚は、表面から順に、表皮・真皮・皮下組織の3層から出来ています。

 表 皮 → 真 皮 → 皮下組織

表皮は、皮膚の表面を守りながら、新しい細胞を毎日つくっており、古くなった表皮の細胞は、アカとなって剥がれ落ちます。皮膚の再生を繰り返すことによって、外界からの防御壁としての役目を果たしています。また、表皮は、ちいさな水分や酸素などの分子を通しても、たんぱく質、病原性細菌、ウィルスなどの侵入を防いでくれます。

 真皮は、主に、毛細リンパ管や毛細血管などが分布しており、他にも、汗腺、皮脂腺、毛根、外界からの刺激を感知する体性感覚受容器などがあります。
 それにより、触覚、痛覚、冷覚、温覚、圧覚などの感覚を受け取り、情報の変化を察知して、外界の刺激からからだを守っています。
真皮は、網状の結合組織で出来ているため表皮よりも厚みがあります。

 皮下組織は、主に動脈やリンパ管が走行しており、やわらかい脂肪組織と繊維組織で出来ていて、栄養分の保温と貯蔵をの役割、からだに受けた衝撃などを和らげるクッションの役割をもっています。



《スポンサードリンク》

体にやさしいリンパマッサージ

リンパについて


《スポンサードリンク》
リンパ系(リンパけい、淋巴系)は、リンパ器官(リンパ節、リンパ管、胸管など)からなる複雑なシステムで、リンパ液の生成及び、組織から循環系への移動にあずかる。また免疫系において大きな役割をはたす。

リンパ系には以下の3つの機能があり、これらは相互に関係がある。

組織から余剰になった液を取り除く
消化吸収された脂質を循環系まで運ぶ
免疫担当細胞(リンパ球、単球、抗体を産生する形質細胞)の産生

これらのリンパ系をマッサージすることによりリンパの流れを良くしむくみの解消や
ストレスの解消に役立ちます。


《スポンサードリンク》
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。