体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージ 足浴


《スポンサードリンク》
足をお湯に浸す足浴だけでも、体液の対流が起こり、全身の入浴と同じくらいの効果が得られます。暖かい部屋で行いましょう。

足浴の方法の一つ「交互温冷浴」では、大きめのバケツか洗面器を
2つ用意し、1つに水、もう一つに40C前後のお湯をはります。
膝までつかる程度がベストですが、くるぶしの上までつかっていれば
問題ありません。

先に見ずに1分ほど両足を浸し、次にお湯に20分浸します。
これを繰り返し最後には水で終わります。
むくみや疲れがとれすっきりします。

冷え性の人には、37〜39Cのぬるま湯に硫酸マグネシュウム
大さじ4杯か粉からし小さじ2杯を溶かし込みます。

これに両足を浸す方法もおすすめします。
この場合でも、足首まできちんとお湯につかっていることが
大切です。

15〜20分も浸しているとポカポカと温まってきます。
使った後は、水で洗ったりせず、タオルで水気を拭き取るだけに
します。いずれの場合も、差し湯をしてお湯の温度を保たせて
ください。
《スポンサードリンク》
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。