体にやさしいリンパマッサージ

心臓病


《スポンサードリンク》

日本人の死因のトップはがんですが、その次が動脈硬化が主な原因となる心疾患、いわゆる心臓病です。動脈硬化の予防として必要なのは、太らないことです。そして、喫煙を止め、高血圧、高脂血症、糖尿病に気をつけ、血液を常に“サラサラ”の状態に維持することです。女性は更年期以降にコレステロールが増えていく傾向にありますので、該当する人は更なる配慮が必要です。

心臓病とは、心臓弁膜症、心内膜炎、狭心症、心筋梗塞、心臓神経症などの病名で呼ばれるもので、心臓に栄養を補給する冠動脈が狭くなったり、詰まる、心臓自身の力が弱まる、心臓の鼓動が不規則になる、などの病気の総称です。

動脈硬化の3大危険因子として、喫煙、高血圧、高脂血症があります。また、食生活の欧米化やライフスタイルの変化によって、肥満、ストレス、糖尿病なども加わってきました。それ以外にも、動脈が年齢以上に硬くなる原因として、喫煙、過度の飲酒、塩分・油分過多の食事、慢性的寝不足、ストレスなどが挙げられます。

動脈硬化はあらゆる生活習慣と深い関係にあり、生命の危険を伴う重大な病気を引き起こします。動脈硬化の予防は中高年になってからではなく、若いうちから取り組むほうが効果的です。動脈硬化の進行そのものを遅らせるだけでなく、健康的なライフスタイルを無理なく築くことができるからです。

リンパマッサージは体内に停滞している老廃物をリンパの流れをよくすることでキレイに流し去ることを目的としています。もし、これらの老廃物が体の中を占領していくと、様々な病気を引き起こす可能性が高まります。
タグ:心臓病
《スポンサードリンク》
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。