体にやさしいリンパマッサージ

リンパマッサージを効率的に行うには


《スポンサードリンク》
マッサージをより効果的にって思うと、つい力が入ってしまったりしますけど、リンパ液は、皮膚の表面近くを流れているので、力は必要ありません。

力任せにゴシゴシやっちゃうと刺激が強すぎて、かえってむくんだり血行障害をおこしたりすることもあるので、リンパマッサージは手のひらの重みだけで、そっとなでるくらいが一番良いようです。

リンパ管には、リンパ液の逆流を防ぐために弁があって、圧力が加わると弁が開いて、からだの末端から心臓に向かって一定方向にリンパ液が流れるようになっています。

なので、リンパ液の流れと反対の方向にマッサージすると、弁が閉じたままとなって、リンパ液がスムーズに流れないので、リンパマッサージは、からだの末端から心臓に向かって、そっとやさしくなでます。

また、リンパ液は、足の付け根やわきの下などのリンパ節で合流して心臓へ運ばれるので、わきの下、太ももの付け根、頸部、鎖骨部などを先にマッサージしておくと、効果的です。
リンパ節が多く集まっている部分は、時計回りに円運動すると良いです。

●リンパマッサージは、手のひらの重みで、そっとやさしく、リンパ液の流れに逆らわず、ゆっくりとした一定の速度でするのがポイントですね!


《スポンサードリンク》
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。