体にやさしいリンパマッサージ

リンパ管について


《スポンサードリンク》

私たちの身体の静脈に沿っている網目状の管のことで、このリンパ管は身体中に張り巡らされており、体内の不要な老廃物を運ぶ下水管のような役目をしています。

 このリンパ管によって運ばれる体液成分を「リンパ」と呼び、主に体液の循環・運搬と免疫を担当しています。

 リンパ管には、、からだの表面や細胞の隙間を走る「表在リンパ管」と、からだの深いところを走る「深部リンパ管」があり、この連携によりからだの水分が均衝に保たれています。

 「表在リンパ管」は、皮膚、皮下にある浅層のリンパ管のことで、皮膚や各組織などの細胞の隙間に、木の根のように次第に集まって大きくなり、末梢からリンパ液を集めて、くび(頚部)や脇のした(腋窩)、脚のつけ根(鼠径部)などのリンパ節に運びます。


 リンパ管は、自ら管壁を収縮させてリンパ液を流す自動運搬機能を持っています。その働きは、1分間におおよそ10回程度というとてもゆるやかです。
また、その管の中の弁の働きによって逆流が防止され、次から次へとリンパ液が運ばれます。その上、動脈と同様に、動脈の拍動のリズム、呼吸や消化運動、筋肉の縮小および、関節運動、皮膚への刺激(マッサージ)など管壁が受ける外側からの圧作用によって流れが促進されるという特徴があります。
これらの刺激を受けることで、自動運搬機能は、通常の約10〜20倍まで活性化されることがわかっています。
例:深呼吸・マッサージ・運動など
《スポンサードリンク》
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。